ナイトブラが苦しい時の原因と対応策!無理につけ続けるのはNG

ナイトブラが苦しい時の対応策 ナイトブラ

ナイトブラをつけてみたら、

おや、なんだか苦しいぞ?

と感じた経験はないでしょうか。

せっかくのナイトブラでも苦しいと着けるのが嫌になってしまいますよね。

ナイトブラが苦しい時の原因や対応策、苦しくてもナイトブラは付けるべき?など気になるところをまとめてみました。

 

ナイトブラが苦しい原因は?

ナイトブラが苦しい

ナイトブラが苦しい原因としては何があるのでしょうか。

一口に言うとブラが体に合っていないということなのですが、細かく見るといくつかあります。

ナイトブラが苦しい時の対応策

 

ブラにゃ
ブラにゃ

細かく見ていきましょう

 

サイズが合っていない、または合わなくなったから

ナイトブラが苦しいときに一番に考えられる原因は、サイズが合っていないまたは合わなくなったからです。

特に女性の体は変わりやすいものです。

年齢による変化もそうですし、生理周期に合わせて胸のサイズも変化していることがあります。

そのため、サイズが合わなくなったということは起こりやすいことなのです。

ナイトブラが苦しい時の対応策

サイズの変わりやすい女性の体。理想を言えばバストサイズは半年に一度測るといいと言われています。(現実には中々難しいかもしれませんが)

 

生地の伸縮性が足りないから

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

補整力の強いブラにありがちなのですが、生地が硬くしっかりしていることがあります。

生地が固いと胸をしっかり支えてくれるのですが、反面体を締め付けるので苦しい、、、となってしまいます。

 

補正力が強めだから

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

アンダーベルトにホック付きの補整力の高いブラ

胸を寄せて上げて美しい形しにキープしてくれる補整ブラ。

しかし補正力が強めのブラもやはり苦しいと感じる人は多いみたいですね。

美しくなる為とはいえ、あまり苦しすぎると続けられません。

ギリギリ続けられる程度の苦しさなら耐えられるのですが、胸が苦しくなるほどであればやめたほうが良いでしょう。

 

ちなみに一番強力な補正ブラと言えば、ウェディングドレス用のガードルとセットになった補整ブラ。

あれは苦しいですね。

がんばっても数時間ぐらいしかつけられませんが補整力はバツグンです。

 

新品のナイトブラだから

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

ナイトブラを何枚か試してみた経験からすると、新品のブラはちょっときつく感じます。

最初はこんなの絶対入らないよ、と思ったのですがでも意外に着られるものです。

そして着ているうちに馴染んできます。

その為ちょっと苦しいなぁと感じるのが新品のブラなら、しばらく様子を見てみるのもありです。

 

こうしてみると、ブラが苦しいときの原因はいろいろあるね。

 

本来のカップ数より小さいサイズをつけている人は意外に多い

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

実はバスト本来のカップ数よりも小さいサイズをつけてる人は意外に多いのです。

小さいサイズではみ出たとしても、一応おさまることに収まるので本人も全く気づかないのです。

 

胸のサイズは半年に1度測るのが良いと言われていますが、そんなにマメに測る人は稀です。

またサイズを測る時に正しい状態で測る人も少ないのです。

そんな理由から、実は小さめのブラを着けているという人も多いのですよね。

もしかしたらあなたの胸も本当はもっとバストカップのサイズが大きいかもしれませんよ。

 

小さいブラを着けているデメリット/胸の肉が脇へながれてしまうことも

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

小さいサイズのブラでも着られるならいいじゃないと思うかもしれませんが、小さいサイズのブラをずっとつけているとはみ出た分の胸の肉が脇や背中へ流れていきます。

胸は小さくなり、脇ははみ出たお肉で段のようになってしまいます。

これはあまり美しくないですよね。

小さなブラをつけていて良いことはあまりないのです。

 

しっかり自分に合ったサイズのブラをつけるのが大切だね。

 

ナイトブラが苦しいとどんな影響がある?

ナイトブラが苦しいとどんな影響があるのか、これもまとめてみました。

 

睡眠の質を下げる/ナイトブラが苦しくて眠れない

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

寝るときぐらいはのびのびした気持ちでゆったり眠りたいものですが、ナイトブラが苦しくて気になってしまうとなかなか眠れません。

美しいバストを保つためとはいえ、つけていて苦しいブラだと続けるのはなかなか辛いですよね。

 

骨に当たって痛い

痩せ型の人の場合は、お肉のクッションが少ないので縫い目の厚くなっている部分が骨に当たって痛いということがあります。

 

血流を悪くして体が冷える

体を無理に締め付けると、血流が悪くなって体が冷えます。

リンパの流れも悪くなりますし、身体を冷やすのはなるべく避けたいものです。

 

バスト部分を潰してしまう

サイズが小さくて苦しいブラは、胸を潰してしまいます。

潰れた部分の胸の肉は脇や背中に流れていってしまうので、せっかくナイトブラを着けていてもきれいな形になりません。

 

食い込んで肉を二段にする

きついナイトブラを着けていると、お肉に食い込んで段の形にしてしまうことがあります。

別に太ってもいないのに、お肉に段がついてしまったら嫌ですよね。

 

ナイトブラは苦しくてもつけるべきなの?

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

楽してキレイというのはなかなか難しいもの。

比較的楽と言われるナイトブラだって、毎晩つけるのは面倒ですしサイズを間違えれば苦しいこともある…こんな代償を払ってまでナイトブラをつけるべきなのでしょうか?

 

ナイトブラの目的

ナイトブラが苦しい時の対応策

ナイトブラの目的はいろいろありますが、私は大きく次の2つではないかと考えています。

 

  1. 胸を美しい形に整える
  2. 寝てるときに胸を固定する

 

ナイトブラをつけることで結果的に胸が大きくなったりもありますが、直接的な効果で言うと上の2つになるでしょう。

 

胸が大きい人、胸の垂れや脇肉、背中肉をどうにかしたい人はナイトブラをつけるべき

結論からいいますが、胸の大きい人、胸の垂れや脇肉、背中肉を解消したいという人はナイトブラを着けるべきです。

特に胸がたれたり横に流れることは胸の小さい人でも誰にでも起こります。

ということを考えると、理想をいえば女性はナイトブラをつけたほうが良いとなります。

ですが、やはり苦しいのは辛いですし、苦しいままナイトブラをつけるのは良くありません!

ナイトブラを苦しいときにできる対応策を次はご紹介します。

 

ナイトブラはなるべくつけるのが理想的です

 

ナイトブラが苦しい時の対応策

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

苦しいからナイトブラやめた!ではなく、少し対応を変えてみることで改善されることもあります。

 

ワンサイズ上のサイズにする

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

まず効果的なのはワンサイズ上のサイズにすることですね。

私も、Sサイズだとちょっと苦しいなあという時にMサイズにしたら驚くほど楽になりました。

ただサイズを上げることのデメリットとしては補正力が落ちることです。

補正力をとるか、楽ちんさを取るかは悩みどころですが、続けていくことを考えるのであれば多少の補整力が落ちても楽な方を選んだほうが体に負担がないと感じます。

 

休息日を設ける

人間の脂肪は形状記憶能力があるので、ナイトブラの休息日を設けてもすぐに胸が元通りになるなんてことはありません。

毎日つけるのが苦しいのであれば、1日おきにつけるとか2日つけて1日は休むなど、ゆっくりできる休息日を設けるのもひとつの方法です。

あまり苦しいと長続きしないですものね。

下着の補正効果は長く続けていると徐々に出てくるものなので、長い目で見て続けられる方法を選ぶのが大切です。

 

苦しいナイトブラを無理してつけるのは禁物!長く続けられる方法を探そう

ナイトブラが苦しい時の原因と対処法

苦しくても我慢してナイトブラをつけるというのは長続きしません。

新品のナイトブラなら様子をみるのもありですが、つけていて苦しい場合はサイズをワンサイズ上にあげたり休息日を設けたりするとよいでしょう。

ナイトブラはべつに苦行ではありません。

無理して苦しいものをつけずに、少しでも楽な方法を選びましょう。

コメント